• 無料資料プレゼント!
  • 飲食M&Aサービスが選ばれる3つの理由

インタビューinterview

インタビュー

今回お話を伺ったのは、「東京都内に6件」と「大阪市内に3件」「神奈川県内に1件」の区分マンションを所有するS様。不動産投資にまつわるトラブルやお悩み解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

インタビュー

不動産投資は、世の中の経済状況に柔軟にあわせる感覚や、専門的な知識が必要になります。そのため、オーナー様がひとりで安定した投資を続けていくには、ややハードルが高い側面があります。 しかし、不動産投資をおこなっているオーナー様が、「不動産会社にサポートを任せよう」と思う時は心から信頼できる営業担当者がいることが条件です。 各オーナー様の悩みは、それぞれに違いがあります。さまざまな悩みを抱えているオーナー様に対して、不動産会社の営業担当者はどのように対応していくものなのでしょうか。 今回は、マンションの運用方法を提案している営業担当者に、オーナー様の悩みを解決していくポイントや、サポートの際に意識していることなどを伺いました。

インタビュー

不動産を所有するオーナー様は、投資物件を運用していく中で不動産業者との関係性はとても重要です。その時に、サポーターの役目を担うのが不動産会社の営業担当者という存在です。 不動産会社の営業担当者は、不動産投資を円滑におこなうための専門的な知識を持っています。では、不動産会社の営業担当者は、自身が持っている知識をどのように駆使してオーナー様のサポートをおこなうのでしょうか。 今回は、実際にワンルームマンションの運用を提案している営業担当者に、「オーナー様をサポートする時に」の時に意識しているポイントなどについて伺います。

「インタビュー」記事一覧を見る

賃貸管理の悩みproperty

マンション投資を運営している際、継続的にかかる費用は、毎月の利益を縮小させてしまいますよね。そのため、毎月の管理費を抑えたいと考えるオーナーもいるのではないでしょうか。 この記事では、毎月支払うマンション管理費の内訳や、管理費は抑えるべきなのかなどを解説していきます。

「サポートがない…」「質問の回答があいまい…」「報告、相談が遅い…」など現在のマンション管理会社に、不満や不安を感じていませんか?不動産投資を順調に進行するためには、マンション管理会社のサポートは必要不可欠です。 もしマンション管理会社に満足していないのであれば、思い切って管理会社の変更を検討することも選択肢のひとつです。 しかし、管理会社の変更にはメリットもデメリットもあります。そこで今回は、管理会社を変更することによるメリット・デメリットと、新しい管理会社を決めるまでの流れについて解説します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

「賃貸管理の悩み」記事一覧を見る

資産運用の悩みproperty

長期にわたって安定したインカムゲイン(賃料収入)が得られるとして、人気の高いマンション投資です。しかし、想定外の修繕費が発生するなどさまざまな事情から、赤字に転落してしまうケースも珍しくありません。 少しでも高くマンションを売却して、マイナスの収支を終わらせたいと考えるオーナーも多いでしょう。 この記事では、「マンション投資をやめたい…」と思ったときに取るべき行動や、やめどきの見極め方、赤字の脱出法などをわかりやすく解説します。

老朽化が進んだことで投資用マンションの資産価値が下がってしまい、「どのようにして資産価値を高めるべきか?」と考えているオーナーも多いのではないでしょうか。 資産価値を高める方法のひとつとして物件のリフォームがあります。水回りの簡単なものから、フローリングやクロスの張替えなど広範囲に及ぶものまで、さまざまな方法があります。 本格的にリフォームを検討するうえで考えなくてはならないのが、メリットだけではなくデメリットも生じる可能性があることです。 この記事では投資用マンションをリフォームすることの、メリットとデメリットを紹介します。

手頃な資金から投資を始められるワンルームマンション投資が、サラリーマンを中心に人気を集めています。不動産投資は安定した家賃収入のほか、高い節税効果が見込まれることも魅力のひとつですが、どのような仕組みによって節税につながるのかご存じでしょうか。この記事では、ワンルームマンションへ投資するときの節税効果や節税の仕組みについて詳しく解説していきます。

「資産運用の悩み」記事一覧を見る

新着記事Recent Posts

所有するマンションの空室がどれだけ増えたとしても、オーナーが負担するべき「管理費」に変わりはありません。空室の数によっては、キャッシュフローを大幅に悪化させる危険もあります。 しかし、赤字を埋めるために安易に管理費の値上げに踏み切るのは、待ったほうが良いでしょう。住人に負担を強いる前に、「なぜ空室が増えたのか」の根本的な対策が必要です。

運用しているワンルームマンションの空室期間が長く、悩んでいるオーナーは多いのではないでしょうか。 空室には必ず原因があるため、やみくもに対策しても状況は改善しません。まずは、空室期間が長い原因を突き止めることが大切です。原因に合わせて適切に対処すれば、空室期間を短縮し、より多くの利益を得られるようになるでしょう。 ここでは、ワンルームマンションの空室期間が長くなる原因と対策方法を詳しく解説します。

経年劣化が目立つマンションの空室対策には、リフォームが効果的です。しかし現実問題、マンション1棟を隅々までリフォームする金銭的余裕のあるオーナーは少ないでしょう。 限られた予算を有効に活用し、入居率アップにつながるリフォームを実現するために、まずは優先順位と費用の目安を把握すべきです。 ここでは、マンションの空室対策としてリフォームを検討している方へ、入居希望者の心を掴む効果的なリフォームポイントを費用目安とともに紹介します。

マンションを効率的に収益化するために、重視すべき点はやはり空室の期間や戸数です。空室期間が長い物件や多い物件は「人気がない」と思われ、新しい入居者が入りにくくなります。 空室状態が長期間続けば、仲介を依頼している不動産会社のホームページにも掲載され続けることとなり、ますます入居者は警戒してしまうでしょう。 高い収益が期待できるマンションに成長させるために、空室問題は早急に対策を練ることをおすすめします。ここでは、効果的な空室対策の方法を3つご紹介します。

マンション経営を行っているオーナーにとって一番の悩みといえるのが「空室」です。空室になると家賃収入が入ってこないうえ、ローン返済・管理費などの「固定費」は発生するため、経営に大きな影響を与えてしまいます。 空室がなかなか埋まらない時は、「住宅セーフティネット」の活用を検討するのもひとつの方法だといえるでしょう。 今回は、「住宅セーフティネット制度」の概要をはじめ、「補助金」を受け取れる制度を紹介します。

マンション経営においてオーナーの頭を悩ませることのひとつが、空室対策です。空室が長い間続くと肝心の収入が得られないので、早い段階で対処しなければなりません。 すでに空室が目立つマンションを持つオーナーの方は、空室の原因を知ったうえで適切な対策を実行しましょう。場合によっては、無理に「住む」ための入居者を集めるよりも「利用する」ための入居者を募集したほうが収益につながることもあります。   この記事では、空室対策に悩むマンションオーナーへ向けて、空室の原因と具体的な活用方法を紹介します。

営業マンに「儲かる」と言われてはじめてみたワンルームマンションの不動産投資ですが、「思うように収益が上がらない…。実際は儲からないのでは?」と感じているオーナーもいるかもしれません。思うように利益が出ないにはいくつかの原因があります。 この記事では、ワンルームマンションの投資で儲からない原因と、その改善方法を紹介します。

不動産投資でコンスタントに運用益を出すにはさまざまな課題があります。「入居率をどのように上げていくか」「どうすれば入居率を低下させずに済むか」なども重要な課題のひとつといえるでしょう。 この記事では、入居率が下がってしまう原因と、入居率を上げるためにできることについて紹介します。マンションやアパートの経営をしている方はぜひ参考にしてみてください。

不動産投資は、長期的に安定した収益を得られる優良な投資です。そのため、不動産投資が順調な場合には、複数の物件の所有を検討する方も多いのではないでしょうか。 今後も安定した収入を得たい方には不動産の複数所有をおすすめします。今回は、不動産の複数所有をおすすめする理由と注意点を詳しく紹介していきます。

マンション一室のような限定的な不動産投資は、マンション一棟と比べて投資に必要な額が少なく、はじめやすいというメリットがあります。しかし、賃料収入が所有している部屋数のみとなるため、空室が続くと思うようにローンが返済できなくなるというリスクがあることも忘れてはなりません。 ローンの返済がきつくなってきたとき、考えられる方法のひとつが「ローンの借り換え」です。この記事では、ローンの借り換えの時機や注意点、方法について解説します。

さまざまな不動産投資の1つとして、マンションの投資があります。そのマンション投資には、ワンルームに投資するものと、一棟マンションに投資する方法がありますが、一般的に、ワンルームマンション投資は得をしやすいといわれています。それは、一棟マンションにないワンルームマンションの魅力があるためです。 では、ワンルームマンション投資の魅力とは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、ワンルームマンション投資のメリットから成功のポイントまで徹底的に解説します。

マンション投資をしているオーナーの中には「税金が高すぎる!」と不満を持っている方もいるでしょう。特に「固定資産税」は不動産を所有する以上は必ず発生するため、健全な経営のためには「計算方法」や「節税のテクニック」など正しい知識を身につけることが大切です。 この記事では、マンション投資で固定資産税がかかるメカニズムと節税の方法について紹介していきます。

マンション投資において、安定した運営に欠かせないとされるのが空室対策。なかには所有しているマンションの空室に悩んでいるオーナー様もいるのではないでしょうか。 この記事では、マンションの空室対策について解説し、空室になる理由や有効なアイデアを具体的に紹介します。

安定した家賃収入が得られると思ってマンション投資をはじめたものの、「ローン返済がきつく、当初想定していたような利益も得られない」といった、いわゆるローン地獄で悩まれている方も多いのではないでしょうか。 この記事では、マンション投資におけるローン地獄の原因と対処法について紹介します。

「マンション投資は年金代わりになる」という話を耳にしたことはないでしょうか。 現在の年金制度に対して不安を感じている人も多いなか、年金以外に定期的な収入源を求めるのは普通のことだといえるでしょう。 この記事では、マンション投資が年金代わりになる理由と、運用の仕方について解説します。

株やFXなどと比べた場合、安定さが魅力なのがマンション投資です。しかし、マンション投資がいくら安定しているといっても、運用がうまくいかなければ赤字になることも当然あります。オーナーなら誰しもが赤字になることは避けたいと考えるでしょう。 この記事では、マンション投資で赤字になるケースについて具体的に解説します。さらに、赤字を避けるための対策についても紹介しますので、マンションオーナーの方は経営の参考にしてみてください。

マンション投資の大きなメリットとして、「自己資金の少ない人であっても始めやすい」ということが挙げられます。マンションを購入するための資金を、金融機関のローンに頼ることができるからです。 お金を貸す金融機関からすると、投資家が購入するマンションに抵当権を設定できるので、貸し倒れのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。そういった事情から、お金を貸してくれやすいのです。 その一方で、ローンを利用するためには金利の負担が必要になります。特に、ローンに設定される金利の上昇は、マンションオーナーにとっては大きなリスクであることを理解しておかなくてはなりません。 この記事では、金利上昇によるマンション経営への影響について解説します。金利上昇リスクに不安を感じている方は参考にしてみてください。

利益を見込んでマンション投資をしてみたものの、思ったように収入が得られない、想像していた以上に維持管理に手間やコストがかかっているとお困りではないでしょうか。マンション投資をはじめると、このような運用上の問題が起こることがあります。 今現在マンション投資で発生している問題は、何が理由で起きているのでしょうか。この記事では、マンション投資で運用上起こる可能性のある問題、運用改善の方法について説明します。

不動産投資としてワンルームマンションを選ぶ人が増えています。ワンルームマンションへの投資は初期費用が低く、初心者でも手の出しやすい不動産投資ですよね。しかし、投資である以上、一定のリスクがあることをきちんと理解しなくてはいけません。 この記事では、ワンルームマンションへの投資で起こりうるリスクについて解説していきます。さらに、投資を成功に導くポイントについてもお伝えしますので参考にしてください。

投資用にワンルームマンションを購入したオーナーのなかには、想像していたよりもメリットを感じられず、売りたいと考える方もいるでしょう。しかし、ワンルームマンションの売却には押さえておきたいポイントがいくつかあるのです。 この記事では、ワンルームマンションを売りたいと考えるオーナーが知っておきたいポイントについて、具体的に解説していきます。