Latest Posts新着記事

マンション投資を運営している際、継続的にかかる費用は、毎月の利益を縮小させてしまいますよね。そのため、毎月の管理費を抑えたいと考えるオーナーもいるのではないでしょうか。 この記事では、毎月支払うマンション管理費の内訳や、管理費は抑えるべきなのかなどを解説していきます。

「サポートがない…」「質問の回答があいまい…」「報告、相談が遅い…」など現在のマンション管理会社に、不満や不安を感じていませんか?不動産投資を順調に進行するためには、マンション管理会社のサポートは必要不可欠です。 もしマンション管理会社に満足していないのであれば、思い切って管理会社の変更を検討することも選択肢のひとつです。 しかし、管理会社の変更にはメリットもデメリットもあります。そこで今回は、管理会社を変更することによるメリット・デメリットと、新しい管理会社を決めるまでの流れについて解説します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

投資用にマンションを買ったものの、さまざまな事情から修繕積立金の金額が購入当初に比べて上がってしまい、支払いが難しくなったという事態は珍しくありません。そこで、今回はマンションの修繕費が値上がりする理由や、修繕費が払えなくなったときの対処方法について解説します。

マンション投資を成功させることで、給料とは別の安定した収入源を作ることができるのが魅力の投資です。しかし、万が一失敗すると、自己破産してしまう可能性があります。 では、マンション投資で成功する人と失敗する人の違いは何でしょうか。ここでは、マンション投資で自己破産する根本原因と破産を免れる方法について解説します。

賃貸物件を持つオーナーにとって、家賃の滞納は頭の痛い問題です。家賃収入が減ってしまうばかりか、支払いをしてもらうまでに多くの労力の時間を費やすことになります。 そこで今回は、家賃の滞納が発生したときの適切な対処法と、滞納を未然に防ぐためにオーナーが知っておくべき考え方を紹介します。

入居者が退去してしまうと、原状回復費などの出費が発生するうえ、空室期間中の家賃収入が途絶えるなど賃貸経営が難しくなってしまいます。退去者が増える理由のひとつに更新料の問題があり、近年では更新料をなくす大家も増えているようです。 この記事では、更新料をなくすメリットやデメリットを解説するとともに、入居者に長く住み続けてもらうコツについて紹介します。

マンション経営における最も大きなリスクは、空室の状態が長期化することです。空室が長いとそのぶんの家賃収入がなくなり、ローン返済といった支出ばかりが増えてしまうようになるでしょう。 そのため、適切な空室対策を実施することが重要になります。そこでおすすめなのが、入居者が無料で利用できるインターネット設備の導入です。 この記事では、空室対策に無料インターネットが最適である理由と、その導入方法について紹介します。

ワンルームマンションの投資がうまくいっていないと感じるとき、利回りが悪く収支が悪化していることが多いです。そのため対策を取る必要があります。 そこで、今回はワンルームマンションの平均的な利回りや、利回りがイマイチなときに試したい方法について解説します。

不動産を売却すると、マイナンバーを求められることがあります。個人情報なので、提出しても良いか不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産売買でマイナンバーの提出を求められる具体的なケースと、提出が必要となる理由について解説します。

毎月の家賃収入は不動産投資における収益の要となるため、オーナーにとって空室対策は重要事項だといえるでしょう。 なかでも家賃設定はよく考慮すべき点です。家賃設定が適正であれば、空室が埋まる可能性も高くなるからです。 この記事では、適正な家賃の決め方と、空室対策のポイントについて紹介します。

他人に部屋や家を貸している以上、不動産オーナーが入居者トラブルに見舞われる可能性はゼロではありません。特に困るのは、家賃を滞納している入居者と連絡がつかなくなり、いわゆる「夜逃げ」のような状態になってしまうことです。もしも入居者が夜逃げしてしまった場合、不動産オーナーは何もできなくなってしまうのでしょうか。 この記事では、入居者が夜逃げをしてしまったときの対応と、夜逃げ対策について紹介します。

ワンルームマンションは不動産投資の対象として特に高い人気を誇っています。しかし、安定した経営を実現するためには、入居者の需要に見合った住みやすい物件であることが求められます。そのためにもぜひ注目していただきたいのが、ワンルームマンションの入居率を左右する「設備」です。 この記事では、不動産投資を成功に導くワンルームマンションの設備について紹介します。

住み替えなどで、所有している中古マンションを売りに出している方もいるでしょう。しかし、買い手が見つからなければ売却できる日はいつまでも来ません。 中古マンションが6ヶ月以上売れていない場合、何か売れない原因が隠れている可能性があります。 この記事では、中古マンションが売れない原因と対策について解説します。

オーナーひとりの力で不動産投資を成功させるのは難しいでしょう。そのため、優良な管理会社に委託して不動産を運用・管理しなくてはいけません。しかし、賃貸オーナーのなかには「きちんと仕事をしない管理会社がいる」という声もあります。 そこで、ここでは仕事をしない管理会社とはどのような会社か、そこに委託し続けるリスクは何か、管理会社を変更する場合の手順について紹介します。

親が投資用マンションを所有していれば、いつかは子供が相続する可能性があります。通常、「投資用マンションを相続すれば、子供の生活が楽になる」と考える人が多いかもしれません。しかし、場合によっては負の遺産になる可能性があることをご存じでしょうか。 そこで、投資用マンションが子供にとって負の遺産になる理由や、負の遺産への対処方法を紹介します。

マンション投資をしているオーナーのなかには、家族に内緒にしている人も意外と多いようです。しかし、いざ投資用マンションを売却しようと考えたときに「家族にばれてしまうのでは?」と不安になることもあるでしょう。 そこで、今回はマンションを家族に内緒で売却する方法について詳しく紹介します。

所有しているワンルームマンションの売却を考えたときに、売却方法として選びたいのがオーナーチェンジでしょう。なぜなら、オーナーチェンジで買取してもらうとさまざまなメリットがあるからです。 しかし、オーナーチェンジでの売却をどこに相談したら良いのかわからず、不安に思う人も多いのではないでしょうか。 そこでここでは、ワンルームをオーナーチェンジする場合のメリット・デメリットや売却先の不動産業者の選び方、売却の流れについて詳しく解説します。

悠々自適な大家業を夢見て不動産投資を始めてみたものの、想像していたより儲からないと感じている方は多いのではないでしょうか。とはいえ、収益を上げている大家の方もたくさんいます。 では、この違いは一体どこにあるのでしょうか。この記事では、大家業が儲からないとされる理由や成功するためのポイントを紹介します。

不動産経営に関わる業務を管理会社に任せている方は多いでしょう。しかしある日突然、管理会社から家賃の振り込みがストップし、途方に暮れるケースも珍しくないようです。 家賃の振り込みが滞る理由が経営難によるものだとすれば、最悪の場合、管理会社は倒産してしまい、家賃を回収できずに泣き寝入りになる可能性もあります。 この記事では、管理会社から家賃が振り込まれないときの対処法のほか、管理会社が倒産するリスク、信頼できる管理会社を選ぶ基準などについて、わかりやすく解説します。