Latest Posts新着記事

オーナーひとりの力で不動産投資を成功させるのは難しいでしょう。そのため、優良な管理会社に委託して不動産を運用・管理しなくてはいけません。しかし、賃貸オーナーのなかには「きちんと仕事をしない管理会社がいる」という声もあります。 そこで、ここでは仕事をしない管理会社とはどのような会社か、そこに委託し続けるリスクは何か、管理会社を変更する場合の手順について紹介します。

親が投資用マンションを所有していれば、いつかは子供が相続する可能性があります。通常、「投資用マンションを相続すれば、子供の生活が楽になる」と考える人が多いかもしれません。しかし、場合によっては負の遺産になる可能性があることをご存じでしょうか。 そこで、投資用マンションが子供にとって負の遺産になる理由や、負の遺産への対処方法を紹介します。

中古マンション売却後の税金に注意

マンション投資をしているオーナーのなかには、家族に内緒にしている人も意外と多いようです。しかし、いざ投資用マンションを売却しようと考えたときに「家族にばれてしまうのでは?」と不安になることもあるでしょう。 そこで、今回はマンションを家族に内緒で売却する方法について詳しく紹介します。

所有しているワンルームマンションの売却を考えたときに、売却方法として選びたいのがオーナーチェンジでしょう。なぜなら、オーナーチェンジで買取してもらうとさまざまなメリットがあるからです。 しかし、オーナーチェンジでの売却をどこに相談したら良いのかわからず、不安に思う人も多いのではないでしょうか。 そこでここでは、ワンルームをオーナーチェンジする場合のメリット・デメリットや売却先の不動産業者の選び方、売却の流れについて詳しく解説します。

中古マンションの売却にかかる税金の内訳

悠々自適な大家業を夢見て不動産投資を始めてみたものの、想像していたより儲からないと感じている方は多いのではないでしょうか。とはいえ、収益を上げている大家の方もたくさんいます。 では、この違いは一体どこにあるのでしょうか。この記事では、大家業が儲からないとされる理由や成功するためのポイントを紹介します。

不動産経営に関わる業務を管理会社に任せている方は多いでしょう。しかしある日突然、管理会社から家賃の振り込みがストップし、途方に暮れるケースも珍しくないようです。 家賃の振り込みが滞る理由が経営難によるものだとすれば、最悪の場合、管理会社は倒産してしまい、家賃を回収できずに泣き寝入りになる可能性もあります。 この記事では、管理会社から家賃が振り込まれないときの対処法のほか、管理会社が倒産するリスク、信頼できる管理会社を選ぶ基準などについて、わかりやすく解説します。

投資用にマンションを購入したものの、社会情勢の変化により収益性が悪化したオーナー様もいるのではないでしょうか。少し離れたエリアで再開発が進んだり、入居者のニーズが変わったり、変化の内容はさまざまです。 そのため投資用マンションを売ろうと考えるオーナー様もいると思います。とはいえ、マンションを売却するのであれば、できるだけ高く売れるようにしたいものですよね。 この記事では、マンションを高く売るにはどの時期がおすすめか、また高く売るにはどのような準備が必要かについて解説します。

安定したアパート経営を実現するためには、適切なリスク管理とコスト管理が欠かせません。管理を怠り無計画なアパート経営をしてしまうと、価値の下落分や維持費用を回収できず、赤字に転落してしまう可能性があるからです。 すぐに出来るコスト・リスク管理のひとつに「経費の改善」があげられます。すでにアパート経営を実施しているオーナー様のなかには毎月の経費(維持費)を把握していない方が多くいられます。 実は経費(維持費)の把握は、不動産投資を失敗しないために重要なポイントです。今回はアパート経営を実施するうえで確認すべき経費(維持費)の確認事項と考えられるリスクを紹介していきます。

マンション・アパート運用の収益性に一番関与する項目が「入居率の高さ」、あるいは「空室率の低さ」です。高いお金を投資するわけですから、できる限り高い入居率を維持したいと考えますよね。 入居率が変化する要因はさまざまですが、「管理会社を変えただけで入居率が大きく上がった!」ということも珍しくありません。 そこで今回は、入居率が上がらない管理会社と上がる管理会社の違いについて解説します。また、おすすめの管理会社についても併せて紹介するので参考にしてください。

所有しているマンションやアパートの空室率を改善するために、大規模なリフォームを検討しているオーナーもいるのではないでしょうか? リフォームはイメージを変える手段として有効ですが、費用の面からも慎重に行う必要があるといえるでしょう。 今回は、空室対策におすすめのリフォームを紹介します。また、それとあわせてリフォーム以外の空室対策についても紹介しますので、現在リフォームを検討中の方は参考にしてください。

所有しているワンルームマンションの運用改善について考える際、もっとも重要なのが「空室対策」だといえるでしょう。空室になる度に原状回復工事の手間と費用が発生するうえ、家賃収入が減少することでキャッシュフローも悪化してしまうからです。 オーナーは空室が続く原因を突き止めて、「できるだけ早く空室が埋まり、なおかつ長く入居し続けてもらえるための対策」を行わなくてはなりません。 そこで今回は、不動産投資で実践するべき空室対策のアイデアを紹介します。

不動産投資において、何をどれくらい経費として上げられるかは、納める税金にもかかわるため重要です。しかし、空室があると経費として計上できない可能性があるともいいます。実際のところ空室時の経費の扱いはどうなるのでしょうか。 この記事では、空室時の経費、特に減価償却費の扱い、空室によるデメリットなどについて解説していきます。

所有するマンションの空室がどれだけ増えたとしても、オーナーが負担するべき「管理費」に変わりはありません。空室の数によっては、キャッシュフローを大幅に悪化させる危険もあります。 しかし、赤字を埋めるために安易に管理費の値上げに踏み切るのは、待ったほうが良いでしょう。住人に負担を強いる前に、「なぜ空室が増えたのか」の根本的な対策が必要です。

運用しているワンルームマンションの空室期間が長く、悩んでいるオーナーは多いのではないでしょうか。 空室には必ず原因があるため、やみくもに対策しても状況は改善しません。まずは、空室期間が長い原因を突き止めることが大切です。原因に合わせて適切に対処すれば、空室期間を短縮し、より多くの利益を得られるようになるでしょう。 ここでは、ワンルームマンションの空室期間が長くなる原因と対策方法を詳しく解説します。

経年劣化が目立つマンションの空室対策には、リフォームが効果的です。しかし現実問題、マンション1棟を隅々までリフォームする金銭的余裕のあるオーナーは少ないでしょう。 限られた予算を有効に活用し、入居率アップにつながるリフォームを実現するために、まずは優先順位と費用の目安を把握すべきです。 ここでは、マンションの空室対策としてリフォームを検討している方へ、入居希望者の心を掴む効果的なリフォームポイントを費用目安とともに紹介します。

マンション経営を行っているオーナーにとって一番の悩みといえるのが「空室」です。空室になると家賃収入が入ってこないうえ、ローン返済・管理費などの「固定費」は発生するため、経営に大きな影響を与えてしまいます。 空室がなかなか埋まらない時は、「住宅セーフティネット」の活用を検討するのもひとつの方法だといえるでしょう。 今回は、「住宅セーフティネット制度」の概要をはじめ、「補助金」を受け取れる制度を紹介します。

マンション経営においてオーナーの頭を悩ませることのひとつが、空室対策です。空室が長い間続くと肝心の収入が得られないので、早い段階で対処しなければなりません。 すでに空室が目立つマンションを持つオーナーの方は、空室の原因を知ったうえで適切な対策を実行しましょう。場合によっては、無理に「住む」ための入居者を集めるよりも「利用する」ための入居者を募集したほうが収益につながることもあります。   この記事では、空室対策に悩むマンションオーナーへ向けて、空室の原因と具体的な活用方法を紹介します。

不動産投資でコンスタントに運用益を出すにはさまざまな課題があります。「入居率をどのように上げていくか」「どうすれば入居率を低下させずに済むか」なども重要な課題のひとつといえるでしょう。 この記事では、入居率が下がってしまう原因と、入居率を上げるためにできることについて紹介します。マンションやアパートの経営をしている方はぜひ参考にしてみてください。

マンション投資において、安定した運営に欠かせないとされるのが空室対策。なかには所有しているマンションの空室に悩んでいるオーナー様もいるのではないでしょうか。 この記事では、マンションの空室対策について解説し、空室になる理由や有効なアイデアを具体的に紹介します。

不動産投資としてワンルームマンションを選ぶ人が増えています。ワンルームマンションへの投資は初期費用が低く、初心者でも手の出しやすい不動産投資ですよね。しかし、投資である以上、一定のリスクがあることをきちんと理解しなくてはいけません。 この記事では、ワンルームマンションへの投資で起こりうるリスクについて解説していきます。さらに、投資を成功に導くポイントについてもお伝えしますので参考にしてください。