• 無料資料プレゼント!
  • 飲食M&Aサービスが選ばれる3つの理由

インタビューinterview

インタビュー

今回お話を伺ったのは、「東京都内に6件」と「大阪市内に3件」「神奈川県内に1件」の区分マンションを所有するS様。不動産投資にまつわるトラブルやお悩み解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

インタビュー

不動産投資は、世の中の経済状況に柔軟にあわせる感覚や、専門的な知識が必要になります。そのため、オーナー様がひとりで安定した投資を続けていくには、ややハードルが高い側面があります。 しかし、不動産投資をおこなっているオーナー様が、「不動産会社にサポートを任せよう」と思う時は心から信頼できる営業担当者がいることが条件です。 各オーナー様の悩みは、それぞれに違いがあります。さまざまな悩みを抱えているオーナー様に対して、不動産会社の営業担当者はどのように対応していくものなのでしょうか。 今回は、マンションの運用方法を提案している営業担当者に、オーナー様の悩みを解決していくポイントや、サポートの際に意識していることなどを伺いました。

インタビュー

不動産を所有するオーナー様は、投資物件を運用していく中で不動産業者との関係性はとても重要です。その時に、サポーターの役目を担うのが不動産会社の営業担当者という存在です。 不動産会社の営業担当者は、不動産投資を円滑におこなうための専門的な知識を持っています。では、不動産会社の営業担当者は、自身が持っている知識をどのように駆使してオーナー様のサポートをおこなうのでしょうか。 今回は、実際にワンルームマンションの運用を提案している営業担当者に、「オーナー様をサポートする時に」の時に意識しているポイントなどについて伺います。

「インタビュー」記事一覧を見る

賃貸管理の悩みproperty

不動産を売却すると、マイナンバーを求められることがあります。個人情報なので、提出しても良いか不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産売買でマイナンバーの提出を求められる具体的なケースと、提出が必要となる理由について解説します。

入居者が退去してしまうと、原状回復費などの出費が発生するうえ、空室期間中の家賃収入が途絶えるなど賃貸経営が難しくなってしまいます。退去者が増える理由のひとつに更新料の問題があり、近年では更新料をなくす大家も増えているようです。 この記事では、更新料をなくすメリットやデメリットを解説するとともに、入居者に長く住み続けてもらうコツについて紹介します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

「賃貸管理の悩み」記事一覧を見る

資産運用の悩みproperty

現在、保有している不動産を長期で保有することで、長期的に家賃収入を得ようと考えているオーナーも多いのではないでしょうか。 しかし、不動産の長期保有は注意しなければ、プラスの収支にならない可能性があるのを知っていますか。この記事では、不動産を長期保有する注意点を詳しく紹介していきます。

投資用ローンを利用してマンション投資を始めているオーナーは、金利の上昇に注意が必要です。特に変動金利にしている場合は、対策が特に必要になります。 そこで今回は、マンション投資と金利上昇の関係や、リスク対策について詳しく解説していきます。

不動産経営を成功させるためには、収支計画をしっかり立てる必要があります。しかし、収支計画を立てていなかったり、ざっくりとした収支しか把握していなかったりすることも多いでしょう。そこでここでは、不動産の賃貸経営を成功に導く収支計画の立て方について解説します。

「資産運用の悩み」記事一覧を見る

新着記事Recent Posts

インタビュー

今回お話を伺ったのは、「東京都内に6件」と「大阪市内に3件」「神奈川県内に1件」の区分マンションを所有するS様。不動産投資にまつわるトラブルやお悩み解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

安定したアパート経営を実現するためには、適切なリスク管理とコスト管理が欠かせません。管理を怠り無計画なアパート経営をしてしまうと、価値の下落分や維持費用を回収できず、赤字に転落してしまう可能性があるからです。 すぐに出来るコスト・リスク管理のひとつに「経費の改善」があげられます。すでにアパート経営を実施しているオーナー様のなかには毎月の経費(維持費)を把握していない方が多くいられます。 実は経費(維持費)の把握は、不動産投資を失敗しないために重要なポイントです。今回はアパート経営を実施するうえで確認すべき経費(維持費)の確認事項と考えられるリスクを紹介していきます。

不動産投資をしている人が「割に合わないから」という理由で辞めてしまうケースが増加しています。不動産投資は他の投資にないさまざまな要因で赤字になったり大変な労力がかかったりする場合があり、その点で「割に合わない」「損をしている」と感じてしまうようです。 そこで今回は、不動産投資が割に合わないと感じる理由と赤字に対する考え方について紹介します。

手頃な資金から投資を始められるワンルームマンション投資が、サラリーマンを中心に人気を集めています。不動産投資は安定した家賃収入のほか、高い節税効果が見込まれることも魅力のひとつですが、どのような仕組みによって節税につながるのかご存じでしょうか。 この記事では、ワンルームマンションへ投資するときの節税効果や節税の仕組みについて詳しく解説していきます。

インタビュー

不動産投資は、世の中の経済状況に柔軟にあわせる感覚や、専門的な知識が必要になります。そのため、オーナー様がひとりで安定した投資を続けていくには、ややハードルが高い側面があります。 しかし、不動産投資をおこなっているオーナー様が、「不動産会社にサポートを任せよう」と思う時は心から信頼できる営業担当者がいることが条件です。 各オーナー様の悩みは、それぞれに違いがあります。さまざまな悩みを抱えているオーナー様に対して、不動産会社の営業担当者はどのように対応していくものなのでしょうか。 今回は、マンションの運用方法を提案している営業担当者に、オーナー様の悩みを解決していくポイントや、サポートの際に意識していることなどを伺いました。

インタビュー

不動産を所有するオーナー様は、投資物件を運用していく中で不動産業者との関係性はとても重要です。その時に、サポーターの役目を担うのが不動産会社の営業担当者という存在です。 不動産会社の営業担当者は、不動産投資を円滑におこなうための専門的な知識を持っています。では、不動産会社の営業担当者は、自身が持っている知識をどのように駆使してオーナー様のサポートをおこなうのでしょうか。 今回は、実際にワンルームマンションの運用を提案している営業担当者に、「オーナー様をサポートする時に」の時に意識しているポイントなどについて伺います。

インタビュー

今回お話を伺ったのは、山梨県山梨市にお住まいで「東京都内に1件」と「横浜市内に2件」のワンルームマンションを所有するN様です。不動産投資に関するお悩みや問題解決へ至った経緯などについて、詳しく語っていただきました。

インタビュー

今回お話を伺ったのは、東京都内に所有している2件のワンルームマンションについて売却手続きを開始されているK様。不動産投資をするうえでの悩みや物件売却を決断した経緯について語っていただきました。

今回お話を伺ったのは、約12年前から不動産投資を始め、現在では東京都に3件の区分マンションを所有するK様です。 不動産投資にまつわるお悩みや、思わぬトラブルに巻き込まれたときに「ワンルーム運用改善.com」と契約したことで問題解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

近年日本経済の低迷が懸念されるなか、安定した収入を確保するために不動産投資を始める方が増えてきています。しかし、不動産投資を行う際は、「経済動向に合わせた柔軟な対応」や「収支バランス管理の徹底」など、専門的な知識が必要です。 今回は、不動産会社の営業担当者に、お客様が抱える悩みの種類や解消方法、接客時に心掛けているポイントについて話を伺いました。

マンション・アパート運用の収益性に一番関与する項目が「入居率の高さ」、あるいは「空室率の低さ」です。高いお金を投資するわけですから、できる限り高い入居率を維持したいと考えますよね。 入居率が変化する要因はさまざまですが、「管理会社を変えただけで入居率が大きく上がった!」ということも珍しくありません。 そこで今回は、入居率が上がらない管理会社と上がる管理会社の違いについて解説します。また、おすすめの管理会社についても併せて紹介するので参考にしてください。

マンション経営における最も大きなリスクは、空室の状態が長期化することです。空室が長いとそのぶんの家賃収入がなくなり、ローン返済といった支出ばかりが増えてしまうようになるでしょう。 そのため、適切な空室対策を実施することが重要になります。そこでおすすめなのが、入居者が無料で利用できるインターネット設備の導入です。 この記事では、空室対策に無料インターネットが最適である理由と、その導入方法について紹介します。

所有しているマンションやアパートの空室率を改善するために、大規模なリフォームを検討しているオーナーもいるのではないでしょうか? リフォームはイメージを変える手段として有効ですが、費用の面からも慎重に行う必要があるといえるでしょう。 今回は、空室対策におすすめのリフォームを紹介します。また、それとあわせてリフォーム以外の空室対策についても紹介しますので、現在リフォームを検討中の方は参考にしてください。

所有しているワンルームマンションの運用改善について考える際、もっとも重要なのが「空室対策」だといえるでしょう。空室になる度に原状回復工事の手間と費用が発生するうえ、家賃収入が減少することでキャッシュフローも悪化してしまうからです。 オーナーは空室が続く原因を突き止めて、「できるだけ早く空室が埋まり、なおかつ長く入居し続けてもらえるための対策」を行わなくてはなりません。 そこで今回は、不動産投資で実践するべき空室対策のアイデアを紹介します。

不動産投資において、何をどれくらい経費として上げられるかは、納める税金にもかかわるため重要です。しかし、空室があると経費として計上できない可能性があるともいいます。実際のところ空室時の経費の扱いはどうなるのでしょうか。 この記事では、空室時の経費、特に減価償却費の扱い、空室によるデメリットなどについて解説していきます。

所有するマンションの空室がどれだけ増えたとしても、オーナーが負担するべき「管理費」に変わりはありません。空室の数によっては、キャッシュフローを大幅に悪化させる危険もあります。 しかし、赤字を埋めるために安易に管理費の値上げに踏み切るのは、待ったほうが良いでしょう。住人に負担を強いる前に、「なぜ空室が増えたのか」の根本的な対策が必要です。

運用しているワンルームマンションの空室期間が長く、悩んでいるオーナーは多いのではないでしょうか。 空室には必ず原因があるため、やみくもに対策しても状況は改善しません。まずは、空室期間が長い原因を突き止めることが大切です。原因に合わせて適切に対処すれば、空室期間を短縮し、より多くの利益を得られるようになるでしょう。 ここでは、ワンルームマンションの空室期間が長くなる原因と対策方法を詳しく解説します。

経年劣化が目立つマンションの空室対策には、リフォームが効果的です。しかし現実問題、マンション1棟を隅々までリフォームする金銭的余裕のあるオーナーは少ないでしょう。 限られた予算を有効に活用し、入居率アップにつながるリフォームを実現するために、まずは優先順位と費用の目安を把握すべきです。 ここでは、マンションの空室対策としてリフォームを検討している方へ、入居希望者の心を掴む効果的なリフォームポイントを費用目安とともに紹介します。

マンションを効率的に収益化するために、重視すべき点はやはり空室の期間や戸数です。空室期間が長い物件や多い物件は「人気がない」と思われ、新しい入居者が入りにくくなります。 空室状態が長期間続けば、仲介を依頼している不動産会社のホームページにも掲載され続けることとなり、ますます入居者は警戒してしまうでしょう。 高い収益が期待できるマンションに成長させるために、空室問題は早急に対策を練ることをおすすめします。ここでは、効果的な空室対策の方法を3つご紹介します。

マンション経営を行っているオーナーにとって一番の悩みといえるのが「空室」です。空室になると家賃収入が入ってこないうえ、ローン返済・管理費などの「固定費」は発生するため、経営に大きな影響を与えてしまいます。 空室がなかなか埋まらない時は、「住宅セーフティネット」の活用を検討するのもひとつの方法だといえるでしょう。 今回は、「住宅セーフティネット制度」の概要をはじめ、「補助金」を受け取れる制度を紹介します。