• 無料資料プレゼント!
  • 飲食M&Aサービスが選ばれる3つの理由

インタビューinterview

インタビュー

今回お話を伺ったのは、「東京都内に6件」と「大阪市内に3件」「神奈川県内に1件」の区分マンションを所有するS様。不動産投資にまつわるトラブルやお悩み解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

インタビュー

不動産投資は、世の中の経済状況に柔軟にあわせる感覚や、専門的な知識が必要になります。そのため、オーナー様がひとりで安定した投資を続けていくには、ややハードルが高い側面があります。 しかし、不動産投資をおこなっているオーナー様が、「不動産会社にサポートを任せよう」と思う時は心から信頼できる営業担当者がいることが条件です。 各オーナー様の悩みは、それぞれに違いがあります。さまざまな悩みを抱えているオーナー様に対して、不動産会社の営業担当者はどのように対応していくものなのでしょうか。 今回は、マンションの運用方法を提案している営業担当者に、オーナー様の悩みを解決していくポイントや、サポートの際に意識していることなどを伺いました。

インタビュー

不動産を所有するオーナー様は、投資物件を運用していく中で不動産業者との関係性はとても重要です。その時に、サポーターの役目を担うのが不動産会社の営業担当者という存在です。 不動産会社の営業担当者は、不動産投資を円滑におこなうための専門的な知識を持っています。では、不動産会社の営業担当者は、自身が持っている知識をどのように駆使してオーナー様のサポートをおこなうのでしょうか。 今回は、実際にワンルームマンションの運用を提案している営業担当者に、「オーナー様をサポートする時に」の時に意識しているポイントなどについて伺います。

「インタビュー」記事一覧を見る

賃貸管理の悩みproperty

不動産を売却すると、マイナンバーを求められることがあります。個人情報なので、提出しても良いか不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産売買でマイナンバーの提出を求められる具体的なケースと、提出が必要となる理由について解説します。

入居者が退去してしまうと、原状回復費などの出費が発生するうえ、空室期間中の家賃収入が途絶えるなど賃貸経営が難しくなってしまいます。退去者が増える理由のひとつに更新料の問題があり、近年では更新料をなくす大家も増えているようです。 この記事では、更新料をなくすメリットやデメリットを解説するとともに、入居者に長く住み続けてもらうコツについて紹介します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

「賃貸管理の悩み」記事一覧を見る

資産運用の悩みproperty

現在、保有している不動産を長期で保有することで、長期的に家賃収入を得ようと考えているオーナーも多いのではないでしょうか。 しかし、不動産の長期保有は注意しなければ、プラスの収支にならない可能性があるのを知っていますか。この記事では、不動産を長期保有する注意点を詳しく紹介していきます。

投資用ローンを利用してマンション投資を始めているオーナーは、金利の上昇に注意が必要です。特に変動金利にしている場合は、対策が特に必要になります。 そこで今回は、マンション投資と金利上昇の関係や、リスク対策について詳しく解説していきます。

不動産経営を成功させるためには、収支計画をしっかり立てる必要があります。しかし、収支計画を立てていなかったり、ざっくりとした収支しか把握していなかったりすることも多いでしょう。そこでここでは、不動産の賃貸経営を成功に導く収支計画の立て方について解説します。

「資産運用の悩み」記事一覧を見る

新着記事Recent Posts

多くの勧誘を受けて、投資用マンションを買わされてしまったというオーナーの方もいるのではないでしょうか。 投資用マンションの経営で利益が出ていれば理想的ですが、そうでない場合は支出が収入を上回り、赤字になってしまうかもしれません。 そこで、ここでは投資用マンションを買わされた場合の対処方法について解説します。

マンションへの投資による安定した賃料収入があれば、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を補えると考える方は多いでしょう。 確かに毎月一定の収入があれば、リタイア後も安心です。とはいえ、不動産は年数を経るほどに価値が下がるため、保有し続けることへの不安も増します。 そこでこの記事では、老後を見据えた投資用マンションの運用方法について、保有や売却の判断基準などをわかりやすく解説します。

マンションを経営するオーナーなら、事業の相続について考えることがあるのではないでしょうか。しかし、不動産の相続は何度も経験することではないため、手続き方法や税務処理など、わかりにくいことが多いのが悩みの種です。 そこでこの記事では、マンションの相続を考える経営者が知っておくべき知識や注意点を紹介します。

確定申告とは、個人の年間の収入や所得(売上から経費を引いた収入)、納める税額を計算し、申告・納税をする手続きのことです。その年度に収入があったら、翌年2月16日から3月15日までに、税務署に確定申告書の提出や納税を行う必要があります。 では、不動産を売却したら確定申告は必要なのでしょうか。ここでは、不動産の売却と確定申告の関係や、譲渡所得の計算方法、確定申告の手順や必要書類について詳しく解説します。

不動産の売却は、可能な限り高い価格で行いたいものです。そのためには、需要が高いうちに手放すことはもちろん、売却をどの不動産会社へ相談するのかも価格決定の重要なポイントと言えます。 不動産会社選びの判断基準のひとつが、査定額を参考にすることです。複数の不動産会社から一括査定で希望額に近い査定額を出した不動産会社を中心に売却を相談してみましょう。 そこで、不動産を高く売却するために知っておきたい、「一括査定」の特徴や利用する際の注意点について紹介します。

所有するマンションを売却したいときは、多くの方が不動産会社への相談を検討します。しかし、売却するとなると税金の支払いや登記の手続きなどがあるため、「より専門的な悩みはどこへ相談すれば良いのか分からない」と考える方も多いのでしょう。 とくに税金関係は、意図せずとも脱税など刑事罰の対象となることも考えられます。相談内容の専門性が高くなるほど、目的に合った専門家に相談した方が良いでしょう。 そこで、マンション売却を検討している方へ、相談内容ごとの相談先を紹介します。

不動産投資の手法の一種に、購入した不動産が値上がりするタイミングで転売し、差額分の利益を得る方法があります。 インフラ整備が計画されている地域や世界的なイベントの会場予定地の周辺は、地価などの値上がりが期待できるため、転売用のマンションを購入する人もいます。 しかし、実際にマンションの転売は大きな利益を期待できるのでしょうか。ここでは、マンションの転売は儲かるのか、利益を出すポイントはあるのかを紹介します。

マンションへの投資は、毎月の賃料収入だけではなく、物件を手放すときにも大きな収益を生む可能性があります。できるだけ高く売却したいと考える一方で、高額な取引になることから消費税が気になる方も多いでしょう。 この記事では、投資用マンションを売却するときにかかる消費税について、わかりやすく解説していきます。

中古マンションでの投資は、新築と比べて安価な資金で始められる点が大きなメリットです。投資用のマンションを中古にしたオーナーも多いのではないでしょうか。 しかし、中古マンション投資のメリットが多い一方で失敗するオーナーもいます。では、失敗する理由とは何なのでしょうか。ここでは中古マンション投資を本格的に始める前に知っておきたい、失敗するパターンについて紹介します。

事故物件を題材とした映画が製作されるなど、事故物件は世間の興味や関心を集めているといえるでしょう。興味や関心がある一方で、事件があったなどのイメージから、移住を検討する人は少ないと考えられます。 そのため、いわくつきの物件を所有するオーナーの多くは「売却したいけど、できるのかどうか…」と不安を抱えているのではないでしょうか。しかし、工夫次第で売却しやすくする方法はあります。 今回は事故物件といわれる物件の売却相場や売却のコツを詳しく解説します。

長期にわたって安定したインカムゲイン(賃料収入)が得られるとして、人気の高いマンション投資です。しかし、想定外の修繕費が発生するなどさまざまな事情から、赤字に転落してしまうケースも珍しくありません。少しでも高くマンションを売却して、マイナスの収支を終わらせたいと考えるオーナーも多いでしょう。 この記事では、「マンション投資をやめたい…」と思ったときに取るべき行動や、やめどきの見極め方、赤字の脱出法などをわかりやすく解説します。

マンションを手放すなら、できるだけ高値で売却したいですよね。高値で売却したい場合は、早めに売却することをおすすめします。その理由のひとつに、マンションは築年数を経るほどに売却価格が下落するからです。 では、実際に築年数はマンションの資産価値をはかる重要な判断材料のひとつですが、売却価格にはどのように影響するのでしょうか。 この記事では、マンションの売却価格と築年数との関係についてわかりやすく解説します。

投資用マンションの売却に向けて動き出すとき、不動産の売買価格において大きな判断材料となるのが「築年数」です。築年数は浅ければ浅いほど売買に有利に働くのが一般的ともいわれていますが、築5年未満の築浅マンションでも高く売却することが可能なのでしょうか。 この記事では、築年数5年未満のマンションが本当に高く売れるのか、その理由や売却時のポイントを、わかりやすく解説していきます。

離婚後、暮らしていたマンションに住み続けるケースがあります。その理由として、子どもの転校が不要。住環境を変えずに済む。転居費用や手続きが不要。といった点が挙げられますよね。 しかし、離婚後も同じマンションに住み続けると、リスクがあることを知っていますか?今回は、離婚後もマンションに住み続けるリスクや、離婚後はマンションを売却する方が良い理由について紹介していきます。 また、マンションを売却するタイミング、売却時にローンが残っている場合の対応などについて解説します。

親が要介護になって外に出られない場合や相続をする場合など、親のマンションを売却するケースは多くあります。親のマンションを売却したい場合はどのようにすれば良いのでしょうか。 ここでは、親のマンションを売却する方法や手続き、手順などを詳しく解説します。

マンションの売却には、大きく分けて「買取」と「仲介」ふたつの方法があります。売却の際にどちらの方法を選択するかで、得をする場合と損をする場合に分かれます。 そこで、今回はマンションの売却で損をしない人にならないための方法を解説していきます。

不動産会社からのしつこい営業電話に悩まされた経験がある人は、多くいるのではないでしょうか。 毅然とした応対をすれば、同じ業者が何度も勧誘してくるのを止められる可能性があります。さらに不動産の勧誘に関する知識を身に付けておくと、なお良いでしょう。 そこで今回は、不動産会社が繰り返し営業電話をかけてくる理由や個人情報の入手方法から、営業電話の対処法までを紹介します。

不動産投資の中でも、人気を集めているのがワンルームマンションです。手軽に始められるうえ、空室リスクが少ないとされるのがその理由でしょう。一方で、しっかりとした出口戦略を持たなければ、売却に苦労しやすいともいわれています。 この記事では、ワンルームマンションが売却できないとされる理由や、オーナーとして取るべき対策について解説します。

投資用不動産を売却するときには、「少しでも高く売却したい」と考えるのは当然のことでしょう。しかし、不動産の売却には失敗やトラブルがつきものだといわれています。未然に防ぐためには、売却を決断する前に必要な知識やポイントを理解しておくことが大切です。 この記事では、不動産の売却に失敗しないためのヒントをお伝えします。

オーナーひとりの力で不動産投資を成功させるのは難しいでしょう。そのため、優良な管理会社に委託して不動産を運用・管理しなくてはいけません。しかし、賃貸オーナーのなかには「きちんと仕事をしない管理会社がいる」という声もあります。 そこで、ここでは仕事をしない管理会社とはどのような会社か、そこに委託し続けるリスクは何か、管理会社を変更する場合の手順について紹介します。