Latest Posts新着記事

高い利回りを期待して購入した投資用マンションも、周辺環境や需要の変化などで、マンションを売却しようと考えている人も多いのではないでしょうか? マンション売却を考えるときに意識したいのが、売るタイミングです。一般的に、マンションの売却では「売れる時期」と「売りにくい時期」があると言われています。では、どのタイミングでマンションを売るのがベストなのでしょうか。 そこでこの記事では、マンションを売るタイミングについて詳しく解説していきます。

マンションの売却には必要書類の準備や契約の締結など、さまざまなステップを踏まなければなりません。しっかりと知識を持ったうえでスムーズに対応をしなければ、せっかくの売り時を逃してしまう恐れもあります。 この記事では、マンションを初めて売却する方のために、売却までの流れや注意点をわかりやすく解説します。

東京五輪の開催が2021年に延期されましたが、開催後の不動産価格の下落を見込んで投資マンションの売却を検討している人も多いでしょう。しかし、いつ売却するべきか分からないと、悩んでいるうちに最適なタイミングを逃してしまうおそれがあります。 そこで今回は、投資用マンションを売却するべきタイミングと、売却までの流れについて解説します。

期待して投資用マンションを購入したものの、思うような家賃収益が得られないこともあります。このような場合に選択肢のひとつとして考えられるのがマンションの売却です。 「売却には築年数が関係している」といわれますが、築年数何年あたりで売却するのがベストなのでしょうか。 この記事では、マンションの資産価値と築年数の関係について解説します。投資用マンションを高く売り、できるだけ売却損を抑えたいと考えている方は参考にしてください。

新型コロナウイルスの世界的な流行によって、景気の冷え込みがワンルームマンションへの投資にどのような影響を及ぼすのか、不安を感じているオーナーも多いことでしょう。 この記事では、コロナショックのワンルームマンション投資への影響やとるべき対策について、具体的に解説します。

東京五輪の開催が決定された後、不動産投資の市場は盛り上がり、まるでバブル時代を彷彿とさせるようでした。しかし、新型コロナウイルスの影響によって開催延期となり、マンションのオーナーは今後のマンション投資の動向に不安を覚えていることでしょう。 将来性が不透明なことから不動産の売却を考えるオーナーも増加傾向にあります。しかし、不安だからといって、すぐに売るべきではありません。 今回は、「五輪の延期が不動産価格に及ぼす影響」「今すぐマンションを売却するべきなのか」について解説します。

不動産投資をしている人が「割に合わないから」という理由で辞めてしまうケースが増加しています。不動産投資は他の投資にないさまざまな要因で赤字になったり大変な労力がかかったりする場合があり、その点で「割に合わない」「損をしている」と感じてしまうようです。 そこで今回は、不動産投資が割に合わないと感じる理由と赤字に対する考え方について紹介します。

マンションを効率的に収益化するために、重視すべき点はやはり空室の期間や戸数です。空室期間が長い物件や多い物件は「人気がない」と思われ、新しい入居者が入りにくくなります。 空室状態が長期間続けば、仲介を依頼している不動産会社のホームページにも掲載され続けることとなり、ますます入居者は警戒してしまうでしょう。 高い収益が期待できるマンションに成長させるために、空室問題は早急に対策を練ることをおすすめします。ここでは、効果的な空室対策の方法を3つご紹介します。

営業マンに「儲かる」と言われてはじめてみたワンルームマンションの不動産投資ですが、「思うように収益が上がらない…。実際は儲からないのでは?」と感じているオーナーもいるかもしれません。思うように利益が出ないにはいくつかの原因があります。 この記事では、ワンルームマンションの投資で儲からない原因と、その改善方法を紹介します。

不動産投資は、長期的に安定した収益を得られる優良な投資です。そのため、不動産投資が順調な場合には、複数の物件の所有を検討する方も多いのではないでしょうか。 今後も安定した収入を得たい方には不動産の複数所有をおすすめします。今回は、不動産の複数所有をおすすめする理由と注意点を詳しく紹介していきます。

マンション一室のような限定的な不動産投資は、マンション一棟と比べて投資に必要な額が少なく、はじめやすいというメリットがあります。しかし、賃料収入が所有している部屋数のみとなるため、空室が続くと思うようにローンが返済できなくなるというリスクがあることも忘れてはなりません。 ローンの返済がきつくなってきたとき、考えられる方法のひとつが「ローンの借り換え」です。この記事では、ローンの借り換えの時機や注意点、方法について解説します。

さまざまな不動産投資の1つとして、マンションの投資があります。そのマンション投資には、ワンルームに投資するものと、一棟マンションに投資する方法がありますが、一般的に、ワンルームマンション投資は得をしやすいといわれています。それは、一棟マンションにないワンルームマンションの魅力があるためです。 では、ワンルームマンション投資の魅力とは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、ワンルームマンション投資のメリットから成功のポイントまで徹底的に解説します。

マンション投資をしているオーナーの中には「税金が高すぎる!」と不満を持っている方もいるでしょう。特に「固定資産税」は不動産を所有する以上は必ず発生するため、健全な経営のためには「計算方法」や「節税のテクニック」など正しい知識を身につけることが大切です。 この記事では、マンション投資で固定資産税がかかるメカニズムと節税の方法について紹介していきます。

安定した家賃収入が得られると思ってマンション投資をはじめたものの、「ローン返済がきつく、当初想定していたような利益も得られない」といった、いわゆるローン地獄で悩まれている方も多いのではないでしょうか。 この記事では、マンション投資におけるローン地獄の原因と対処法について紹介します。

「マンション投資は年金代わりになる」という話を耳にしたことはないでしょうか。 現在の年金制度に対して不安を感じている人も多いなか、年金以外に定期的な収入源を求めるのは普通のことだといえるでしょう。 この記事では、マンション投資が年金代わりになる理由と、運用の仕方について解説します。

株やFXなどと比べた場合、安定さが魅力なのがマンション投資です。しかし、マンション投資がいくら安定しているといっても、運用がうまくいかなければ赤字になることも当然あります。オーナーなら誰しもが赤字になることは避けたいと考えるでしょう。 この記事では、マンション投資で赤字になるケースについて具体的に解説します。さらに、赤字を避けるための対策についても紹介しますので、マンションオーナーの方は経営の参考にしてみてください。

マンション投資の大きなメリットとして、「自己資金の少ない人であっても始めやすい」ということが挙げられます。マンションを購入するための資金を、金融機関のローンに頼ることができるからです。 お金を貸す金融機関からすると、投資家が購入するマンションに抵当権を設定できるので、貸し倒れのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。そういった事情から、お金を貸してくれやすいのです。 その一方で、ローンを利用するためには金利の負担が必要になります。特に、ローンに設定される金利の上昇は、マンションオーナーにとっては大きなリスクであることを理解しておかなくてはなりません。 この記事では、金利上昇によるマンション経営への影響について解説します。金利上昇リスクに不安を感じている方は参考にしてみてください。

利益を見込んでマンション投資をしてみたものの、思ったように収入が得られない、想像していた以上に維持管理に手間やコストがかかっているとお困りではないでしょうか。マンション投資をはじめると、このような運用上の問題が起こることがあります。 今現在マンション投資で発生している問題は、何が理由で起きているのでしょうか。この記事では、マンション投資で運用上起こる可能性のある問題、運用改善の方法について説明します。

投資用にワンルームマンションを購入したオーナーのなかには、想像していたよりもメリットを感じられず、売りたいと考える方もいるでしょう。しかし、ワンルームマンションの売却には押さえておきたいポイントがいくつかあるのです。 この記事では、ワンルームマンションを売りたいと考えるオーナーが知っておきたいポイントについて、具体的に解説していきます。