keywords"赤字"

長期にわたって安定したインカムゲイン(賃料収入)が得られるとして、人気の高いマンション投資です。しかし、想定外の修繕費が発生するなどさまざまな事情から、赤字に転落してしまうケースも珍しくありません。少しでも高くマンションを売却して、マイナスの収支を終わらせたいと考えるオーナーも多いでしょう。 この記事では、「マンション投資をやめたい…」と思ったときに取るべき行動や、やめどきの見極め方、赤字の脱出法などをわかりやすく解説します。

せっかく購入したワンルームマンションが、投資当初から収支がマイナスで収益がでないことがあります。そのようなワンルームマンションであるにもかかわらず、不動産業者からおすすめされることも多いようです。 今回は、マンション経営でマイナス収支になる原因と対策をくわしく紹介します。

不動産投資をしている人が「割に合わないから」という理由で辞めてしまうケースが増加しています。不動産投資は他の投資にないさまざまな要因で赤字になったり大変な労力がかかったりする場合があり、その点で「割に合わない」「損をしている」と感じてしまうようです。 そこで今回は、不動産投資が割に合わないと感じる理由と赤字に対する考え方について紹介します。

株やFXなどと比べた場合、安定さが魅力なのがマンション投資です。しかし、マンション投資がいくら安定しているといっても、運用がうまくいかなければ赤字になることも当然あります。オーナーなら誰しもが赤字になることは避けたいと考えるでしょう。 この記事では、マンション投資で赤字になるケースについて具体的に解説します。さらに、赤字を避けるための対策についても紹介しますので、マンションオーナーの方は経営の参考にしてみてください。